生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

相手にしてもらえない(どういう自分になるか)

ぺん子「誰にも相手にしてもらえない辛さってあるわよね。」

ぺんぺけ「そんな時は、お一人様でご飯だぺけ〜」

ぺん子「ご飯くらいなら1人で全然いいけどね。」

ぺんぺけ「ゲームも1人でするぺけけ〜」

ぺん子「結構ボッチな発言ね…」





どういった対応をしていくか。。。


誰にも相手にしてもらえない…
誰も自分を見てくれない…
誰にもかまってもらえない…

そんな寂しさから、相手の気を引こうと
心にもない言動をとってしまう事はありませんか?

相手に気に入られようとお世辞を言ってみたり、
特にあげたくもない贈り物をしてみたり、
相手の嫌いな人の悪口を一緒になって言ってみたり…

また、逆に相手に冷たい態度を取ったり、
怒った振りをしてみたりする場合もあるかもしれません。

そのような行動にも、効果が出る場合はあるでしょう。

少しくらいなら、逆に可愛らしく見えて好感度が
上がる事もありそうです。

ですが、あまりにも極端に自分をアピールするのは
逆効果になるでしょう。

相手は次第にうんざりして、あなたから離れて
いってしまうでしょう。

また、相手によってはあなたを「言う事を聞いて
くれる」便利な人として扱い始めるかもしれません。

「相手にしてもらえない」

そんな寂しさを感じたとき、あなたがまずしなければ
ならない事は、自分をかわいそうだと思うのをやめる
事です。

うまく立ち回る事ができない自分を嘆いたり、
嫌ったりしない事です。

心が落ち着くまで、ある程度そんな気持ちに浸る
時間は大切かもしれません。

ですがあまりにも長引くと、周囲の人たちは
あなたをどんどん重荷に感じ始めます。

あるいはあなたの不安な気持ちに付け込んで、
利用しようと考える人も出てきます。

自分にも、ますます自信がなくなっていきます。

人の目が気になって、頑張る事すら
できなくなっていくのです。

「相手にしてもらえない」と嘆きすぎる事は、
誰にとっても、よくない影響しか与えません。

ですから、「相手にしてもらえない」と落ち
込んだときは、考え方を変えてみてください。

「相手にしてもらえない」と、
周囲の人たちの気を引こうとするのではなく、
「相手にしてもらえる」ような自分になれば
いいのです。

笑顔でいる事、前向きに頑張る事、
毎日すべき事をコツコツとやる事、
人生に楽しみを見つける事、変えるべきは、
相手の反応ではなく自分自身の行動です。

あなたは、「相手にしてもらえない」と嘆く人と
毎日を楽しんでいる人、どちらと友だちになり
たいですか?

「相手にしてもらえない」と周囲の気を引こうと
する人と、自分のやりたい事を頑張っている人、
どちらを応援したいですか?

「相手にしてもらえない」と人生をあきらめて
しまっている人と、それでも人に優しくあろうと
する人、どちらと付き合っていきたいですか?

客観的に眺めてみるだけで、
すぐに答えは出るでしょう。

「相手にしてもらえない」と落ち込んだときは、
まずはあなた自身を変えることから始めてみて
ください。

周囲の人たちの評価は、後からついてくるものです。

こうした、心を健康にした生き方は、自分に
幸せをもたらしてくれるものです。


スポンサーリンク



ぺん子「やっぱりふてくされた態度じゃなく、素直に気持ちのいい態度で人と接するのが大事ってことね。」

ぺんぺけ「おいしくない食べ物を、笑顔で食べるのは難しいぺけ〜」

は王「とりあえず明るく人と接しておけば、人の反応はそれほど冷たくもならない。そうすることで、自分自身の心も気持ちよくなり、幸せな心を手に入れられるってことだな。」



 

相手にしてもらえない(どういう自分になるか)関連ページ

心の病気(まずは心の病と向き合おう)
当サイトでは心の病気と向き合って、積極的に治していく方法も記載していますので、ぜひ読んでみてください。
体の健康と心の健康(心の健康も意識しよう)
いかに体が健康でも、心が健康でなければウツになります。両方の健康を意識していきましょう。
病気は体のメッセージ(心に耳を傾ける)
心のメッセージを放っておくと、やがて心身は滅びていくでしょう。
自分デーを作る(やっぱり自分が大切)
自分を大事にすることで、幸せな気持ちになれるものです。
体内時計を整える(心の幸せの基本)
朝に起きて、夜に寝るのは、心の幸せの基本となります。
正解は一つじゃない(どの選択をするか)
複数の選択の中、どれを選んでも人は幸せになれるものです。
花を見に行きましょう(エネルギーを与える)
美しい花を見ることで、心は洗われるものです。
占いに振り回されてしまう(占いの活用とは)
占いは、よい人生をもたらしたいがためにあるはずだと自覚すべきです。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール